基礎から応用まで身につく保育士専門学校

subpage01

短大では一般教養まで幅広く学びますが、専門学校では保育士になるための専門的な講義がメインです。

保育士の専門学校に関する情報を紹介するサイトです。

できる人もできない人も、基礎から学んで応用レベルまで上がっていきます。
応用では子どもたちを楽しませたり心を通わせるために、ピアノや体育などの技術を学びます。

保育士に欠かせないのがピアノで、未経験者や苦手意識がある人だと不安になるかもしれませんが、厚生労働省の指定校ではピアノの台数やレッスンの環境がしっかり整っているのでマンツーマンや少人数でレッスンを受けられる専門学校が多いです。
入学前に補習があったり、放課後に自由練習ができるなどちゃんと全員弾けるようになる環境が整っています。

独自のシステムで産経ニュースついて詳しく説明しているサイトです。

体育では、子どもたちを楽しませながら身体能力を伸ばしたり、体のふれあいによって信頼関係を築かせるような技術を学びます。
体育は座学だけでは学べないので、実際に自分の体を動かして学ぶことが何より有効です。

保育士の専門学校で何をメインに学ぶかは、学校によって内容が多少異なるので学校のホームページやパンフレットなどから内容をチェックしておきましょう。
できるだけ歴史がある伝統校の方が保育園とのパイプも太く、就職に有利なことが多いです。

専門学校では実際に保育園などに行って子どもと触れ合う実習もあるので、ここで実力を確認しておくといいでしょう。まだ力不足だと思ったら、しっかり勉強して子どもたちにとって必要とされる保育士を目指しましょう。