保育士の専門学校を選ぶメリット

subpage01

保育士の資格を取得する方法はいくつかありますが、その一つに「専門学校を卒業する」という方法があります。

安心できる保育士の専門学校の情報が揃っています。

学校の種類については、文科省と厚労省から指定を受けた「指定校」と、その指定を受けていないために通信制の短大を併修しなければならない「併修校」の2つがあるので区別する必要があるでしょう。

利便性を重視したYOMIURI ONLINEにはこちらのサイトが最適です。

この併修校については、指定校よりも多少学費が高くなる傾向がありますが、短大卒の資格も得られるというメリットもあります。保育士の専門学校を選ぶメリットとしては、まず「卒業をすることで資格を取得できる」ということが挙げられるでしょう。

資格を取得する方法には、他にも国家試験を受けるという方法もありますが、保育士の専門学校へ通う場合は、卒業と同時に資格が与えられます。
次に挙げられるメリットは、「2年間で資格を取得できる(3年制の場合もある)」ということです。

養成施設として指定を受けた4年制の大学に通う場合と比べると、半分の期間で取得が可能なため、できるだけ短期間での取得を目指したい人に、保育士の専門学校は向いていると言えるでしょう。


その他のメリットとしては、「4年制大学より学費が安く済む」ということが挙げられます。
学費に関しては、指定校の場合だと2年間で200万円程度かかるのが相場で、併修校の場合だと2年間で250万円が相場だと言われています。



さらに、保育士の専門学校には「幼稚園教諭2種免許などを同時に取得できる」という場合もあるため、そのこともメリットの一つだと言えるでしょう。